Home3Ddoブログの「Fusion360勉強部屋」から、こちらの部屋に引っ越し中です。

Fusion360 とは?

Fusion360(フュージョン・スリーシックスティ)は、Autodesk(オートデスク)社が開発提供している今までにない3Dソフトウェアになります。3DCADとして3Dデータを作成し、3Dプリンタで造形したり、シミュレーション(CAE)機能を使って強度や熱の解析をしたり、CAM(製造)を使用して機械で削るデータをつくったり、コンセプトデザインから設計、検証、加工までのモノづくりの一連を1つのソフトウェアで行うことができます。

作成したデータはクラウドに保存されるためチームでの共有も素早く行え、ライセンスもアカウントに対して付与されるため、様々なデバイスで起動することができ、常に手元にFusion360を持ち歩いて楽しいモノづくりを行うことができます。

無料で使えるの?

個人の趣味・非営利目的、学生や教育機関、スタートアップの方は、無償で使うことができます。

企業などの営利目的での使用の場合には、年間約6万円で利用できます。

無料と有料のライセンスの違いは?

無料ライセンスには、個人用ライセンスと教育用ライセンス、スタートアップライセンスの3種類があり、教育用、スタートアップは商用と同じ機能が使えます。個人用はデータの入出力やデータ共有などの部分に制限がありますが、個人で楽しむ分には十分すぎる機能が搭載されています。

主な機能  何ができるの?

  • デザイン
     3D(立体)モデルをつくることができます。
  • ジェネレーティブデザイン
     質量や安全率などの必要な入力条件から最適な形状が計算されます。
  • レンダリング
     色や背景をつけて、キレイな画像をつくることができます。
  • アニメーション
     コンポーネント(製品)の組立/分解動画をつくることができます。
  • シミュレーション
     構造解析、熱解析、周波数解析などが行えます。
  • 製造
     工作機械で切削加工するためのプログラムをつくることができます。
  • 図面
     3Dモデルを投影して、2次元の図面をつくることができます。